顔認証システムのメリット

  • ホーム
  • 顔認証システムのメリット

顔認証システムのメリット

人の顔が持つ特徴を3次元で数値化し、登録した人物の情報と照合する顔認証システムにはどんなメリットがあるのでしょうか。指紋認証や静脈認証といった他の生体認証(バイオメトリクス認証)との違いは──。こちらでは、アイティ・セックが提供している顔認証システム「SmileOkay」の特色とその優位性についてご紹介します。

生体認証システムとしてのメリット

生体認証システムとしてのメリット

指紋や静脈、顔など身体の形状などで人物を照合するのが生体認証(バイオメトリクス認証)と呼ばれるシステム。指紋、静脈、顔の形状は人それぞれ固有のものとされることから、その特徴をデータ化することで高精度な認証が可能です。こちらではとくに生体認証のメリットについてご紹介します。

紛失、損傷、忘失の可能性がない

生体認証は本人の身体的特徴がカギになるシステム。指紋、静脈、顔の形状は人それぞれ固有のものとされることから、その特徴をデータ化することで高精度な照合が可能です。しかも、カードや鍵のように紛失や盗難、偽造といったリスクとも無縁。またパスワードのように忘れてしまうこともありません。当然のことですが、カードや鍵、パスワードのように再発行や換装といった面倒な事態も回避できます。

犯罪抑止力になる

鍵やICカード、パスワードを用いたセキュリティは、それらが盗まれたりコピーされたりすることで容易に破られてしまいますが、本人の身体的特徴を照合する生体認証システムならこうした危険もなく、空き巣や不審者の侵入を許しません。またカメラを通じて生体情報のチェックが行われているとわかれば、不審者も侵入を諦めざるを得ません。システムそのものがこうした不法行為の抑止に直結していると言えるでしょう。もちろん、万が一にでも不正があった場合には、人物の画像データが保存されるため、不審者の特定や摘発もスムーズに行えます。

システムごとに本人確認の精度を調整できる

本人の身体的特徴をデータ化し活用する生体認証なら、運用者が任意に保存データと入力データの類似判定を調整することも可能。これにより、システムの利用目的に即して、どこまで厳密にチェックするか、安全性や利便性を考慮した設定が行えます。

顔認証システム固有のメリット

顔認証システム固有のメリット

両手がふさがっていても認証可能

生体認証には指紋や静脈の形状を利用したものがありますが、これらを照合する際には指紋や静脈をセンサにかざす必要があり、手がふさがっていたり、手袋をはめていたりといった状態では認証そのものが行えないという欠点があります。これに対し、顔認証はカメラが映し出す画像で照合する非接触型の生体認証のため、こうしたデメリットとも無縁です。手荷物や仕事道具を持ったままで入退室ができるため、利便性において格段に優れていると言えるでしょう。

センサ部分に触れないから衛生的

指紋や静脈で本人かどうか照合する生体認証システムは手などをセンサ部に接触させてその固有情報を読み取る必要があります。当然、登録したすべての人がこれに触れるので、ウイルスや菌の感染やその拡大が懸念されます。しかし、顔認証ならカメラで撮影した画像データで照合するのでこうしたリスクを伴いません。仮に手に傷があるような場合は、血液から感染する病原体も大きな脅威になり得ますが、顔認証ではその心配も皆無です。

生体の状態の影響による誤作動が少ない

顔認証で見逃せないメリットは、気温や湿度など環境要因の変化や顔の汚れ、汗などの付着物の影響を受けにくいという点が挙げられます。一般に、高精度が特徴とされる静脈認証ですが、指が濡れていたり、体温が低かったりする(血流が少ない)と精度が落ちる傾向があります。指紋認証でも、指先をよく使う仕事で指紋がすり減っているような人の場合はスムーズに照合ができないケースも。顔認証ではこうした場合でも優れた精度を維持できます。さらに3D顔認証なので双子でさえ峻別可能です。

他の認証方式との比較
  IDカード パスワード 静脈 指紋 虹彩
価格
認証精度
認証速度 ×
清潔感 × ×
容易性 ×
設置
スペース
抵抗感 ×
不変性
特徴 紛失、盗難、不正貸出しにより成り済ましが可能 情報漏えいのリスクがある。パスワードを忘れる可能性も 認証精度は高いが導入コストも高い 指の汚れや傷で認証できないことも。偽装のリスクがある 認証精度は高いが導入コストも高い 認証精度は高いが導入コストは低い

顔認証システム「SmileOkay」

顔認証システム「SmileOkay」

アイティ・セックが提供している顔認証システム「SmileOkay」はこれらのメリットに加え、優れた技術力と提案力により、お客様のニーズに合わせたより付加価値の高いシステムを提供できます。

»詳しくはこちらをごらんください